こんな事務所

代表の澤本武司と申します。当事務所は建設業許可専門の行政書士事務所です。
建設業許可申請業務を専門に皆様の法的手続きを完全サポートいたします。
事業所様からの依頼に応じ、許認可等手続きを代理する行政書士業務を請負います。別の言葉で表現すると、法的知識を要する業務に関して『アウトソーシング(外部委託)』のサービスを提供する事業所です。不慣れな行政手続きに直面した皆様と行政とのパイプ役となり、申請時期を逸することなく、皆様の会社経営をサポートさせて頂くことを目的としております。
また行政手続きのみならず、日々複雑化を増している今日では、専門知識を持った社外ブレーンがいたほうが安心です。工事請負契約等の規定をはじめとする建設業法関連の専門化である行政書士の活用を是非ご検討ください。

耐震偽装問題に端を発し、行政の監督が強化される中、業界全体がコンプライアンス(法令遵守)に取り組んでいます。経営事項審査の平成20年4月の改正においても、法令違反による、業務停止や指示処分については大きく減点となります。ここ最近は特に、会社の規模の大小、請負金額の大小にかかわらず、建設業を営んでいる事業所については、建設業許可を取得していなければ下請業者に選定されず、現場に入れてもらえないという声も聞きます。

また、建設産業における下請企業を中心とした社会保険未加入企業についても、いざというときの公的保障が確保されず、若年入職者減少の一因となっていることと関係法令を遵守して適正に法定福利費を負担する事業者ほど競争上不利になるという矛盾した状況を解消するため、平成24年より社会保険加入の徹底に国土交通省が中心となって取り組んでいます。平成29年を目処に許可業者の加入率100%を目指しています。

設業許可の取得を希望されている事業所様!一度ご相談ください。

許可から経審まで東播磨地区限定で豊富な実績です。