事業承継

経営業務管理責任者の要件見直し以外にも許可自体を含めた事業承継制度が創設されます。

接続可能な事業環境の確保に向け、円滑な事業承継制度を創設。合併や事業譲渡する際あらかじめ許可行政庁の建設業許可を受けることで、事業承継の効力の発生日に権利義務を引き継げるようにする。個人事業主で事前の承継(相続)にも同様の規定を設けるが、事後の相続では許可取得までの暫定措置として先代のみなし許可を認める。許可の空白期間をなくし事業承継を円滑化する。

入契法との一括改正案は成立後、公布から1年6ヶ月以内に施行される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です