専任技術者」カテゴリーアーカイブ

専任技術者

建設業許可になくてはならない要件として、営業所への専任技術者の配置があります。

電気工事で実務経験10年をもって、専任技術者要件を満たす場合を考えます。電気工事を施工するためには、必ず電気工事士(一種又は二種)の資格がないとできません。したがって、10年の実務経験があると証明したくても電気工事士でなければ直接工事に携わっていたとは言えないと考えられます。工事の補助や発注業務で実務経験と認められるかどうかは行政窓口の考え方にもよるかと思います。

ちなみに、難易度の高い電気主任技術者(一種、二種又は三種)は点検整備を行う資格で工事は行えません。事業用電気工作物が設置されている場所で、保安監督業務や保安計画を立てるのが仕事です。また、電気工事施工管理技士は、施工管理が仕事です。

電気工事業の専任技術者を扱う場合は、資格の有無は重要ポイントです。