経営業務管理責任者」カテゴリーアーカイブ

経営業務管理責任者

建設業法における経営業務管理責任者の要件ですが、具体的にはどのような経験を指すのでしょうか。営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、経営業務の執行等建設業の経営業務について総合的に管理した経験をいいます。これだけではなかなか難しいですね。

具体的には、以下のような業務内容になります。ご参考いただければと思います。

・元請との建設工事の打合せや見積書の作成、契約書の締結等

・工事施工に必要とされる資金の調達

・技術者及び技能者の現場配置

・下請け業者との契約の締結

経営業務管理責任者

平成29年6月30日に経営管理責任者要件にかかる告示が改正され、要件が緩和されました。以下のとおり

①経営業務管理責任者に準ずる地位にあって、資金調達、技術者配置、契約締結等の業務全般に従事した経験(補佐経験)の一部拡大←これまで取締役若しくは執行役又は個人について補佐経験を認めていたが、組合等の理事、個人の支配人その他支店長などの補佐経験も認められることになりました。

②他業種における執行役員経験の追加←これまで他業種の執行役員経験を認めていなかったが、許可を受けようとする建設業以外の執行役員経験も認められることになりました。

③3種類以上の合算評価の実施←補佐経験の場合でも単一の業種区分における経営管理経験を要するものではなく、複数の業種区分にわたるものであってもよくなりました。

④他業種経験等の「7年」を「6年」に短縮←1年短くなりました。これは大きい

http://www.mlit.go.jp/common/001190436.pdf 参照

経営業務管理責任者の要件は、ぐっと緩和される方向で進んでいます。今後もこの傾向は継続されものと思います。